やまなみ書房 発足に際して

昨今、専門化が極端に進み、専門家であってもひとつ隣の分野でどのような研究が行われているか分からない、という状況が多く見られるようになりました。このような分野間の障壁を少しでも低くするには協働が欠かせません。

協働として典型的なのは共同研究ですが、研究成果として残される論文の多くは賞味期限が短く、すぐに陳腐化してしまいがちです。

やまなみ書房では、情報としての論文のアウトプットではなく、モノとしての本に注目します。様々な人々、研究者に留まらず世の中で活動されている様々な職業の方と共にモノを作ることで、単に情報を複数人で捌くことと全く異なった人と人との結びつきが生まれると、信じております。


その製作過程は、少数の当事者だけで閉じて行うのではなく、散発的にイベントという形である程度不特定多数の方々との交流を伴った方がよいと考えております。なぜなら、少数当事者だけで行えば、新たな閉鎖的な分野が生成されるのがおちであるからです。

「学際」「異分野統合」「学術俯瞰」といった言葉があまりに陳腐化した現在、複数の分野を表層的に結びつけるだけでは何も得るものがないということは、誰しも感覚的に分かっていることです。一方で、いわゆるたこつぼ化を抑制する試みは必要であるということもみな思うところであり、それゆえに資金獲得や派手なパフォーマンスを行う材料として、「学際」等のバズワードは無力だと分かっていながら未だに利用されています。

やまなみ書房は、この手のバズワードから距離を置き、特に学術コミュニティーの閉鎖性を低減するための実験的試みを行っていきます。


閉鎖性を低減するには、人と人との関わり方、その関係のありように対して、充分な再検討を要します。ただ表層的に抱き合わせてもうまくいきません。

ひとつの試みとして、やまなみ書房では特に、学術研究とは縁が遠いとされてきた方々との関わりに注目します。これは近来流行している「サイエンスコミュニケーション」と通ずるところがあるように一見感じられますが、そもそもサイエンスというものは人と人との関わりによって成立するものであって、「サイエンス」にあえて「コミュニケーション」という言葉を付加すること自体に、サイエンスに対する誤解を孕んでいます。また「サイエンスコミュニケーション」でいうところの「コミュニケーション」は、多くの場合人と人との関わりを指すものではなく、実質的には有識者の意見をふやかして非有識者に供与することを指しており、このバズワードの流行はサイエンスに対してますます誤解に誤解を生む結果を生じかねません。

やまなみ書房は、出版やイベントを通して、人と人との関わり方について繰り返し問題提起していきます。

最新情報 Latest News

細谷曉夫著『解析力学』刊行予定

細谷曉夫著『解析力学』刊行予定。乞うご期待!

詳しくはこちら

出版・制作

やまなみ書房では、理工系の専門書を中心とした出版・制作業務を行っています。主に通常の流通過程には載せられないような市場規模の書籍を発行していきます。

また、やまなみ書房は単に出版・制作業務を行うだけでなく、当該研究・研究コミュニティー自体にもコミットしていきます。出版・制作業務はいわば手段のひとつであって、主軸は研究コミュニティーの活性化、分野外・一般の方々との架け橋作りにあります。

新規市場開拓・活性化事業

学術コミュニティーは、その専門性ゆえ閉じたコミュニティーになってしまいがちです。異分野との交流は、学生の間であればまだ可能性はありますが、専門がある程度身につく頃には様々な障害が発生するため限界があります。やまなみ書房は新しいコラボレーションの開拓に関してのご相談を承っております。

また、歴史ある分野であるほどコミュニティーは硬直し、新しい分野であるほど腰を据えたコミュニティー作りが難しくなるものです。両者ともに一長一短あります。我々はプロの素人として、それぞれの分野の特徴を生かしつつコミュニティーの活性化を行う支援しています。